2008年01月17日

例のカルドもどき「シュミッドディーヴァ」をやってみた

公式
http://schmiddiva.hangame.co.jp/

ゲーム解説
http://www.4gamer.net/news/history/2007.08/20070828183553detail.html

概観はカルドセプトのもろパクリ。

パクリでも面白いなら許すけど、これはちょっとうむむむ・・な出来。

一応カルドとは色々と差別化が図られていて、独自要素もあるんだけど
上手く機能していない。

システム周りがシンプルシリーズに良くある、見るからに低予算な出来で頭を抱えたくなる程。

目に見えたバグとかが無いのは救いか。

まぁあれだ「何時ものハンゲ」
この一言で説明がつきそう。

キャラやカードのイラストはかなり良いのでカルドの亜種となるべくこれからの成長に期待したい。

これをやれば本家カルドがどれ程の名作かを再確認できます。
posted by AzoLto at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感>ゲーム雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79069650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。